Albicocco

アニマルコミュニケーター 斎藤 詩乃歩が、アニマルコミュニケーションやレイキヒーリングについて語るブログ。

動物が旅立つ前のアニマルコミュニケーション

こんにちは。

動物と話せるアニマルコミュニケーター斎藤詩乃歩です。

 

年末年始にかけて、知人の動物たちが旅立ちました。

 

その中で

1月11日 満月の日に旅立ちを迎えた

「るなちゃん」♀雑種 16歳 のお話しです。

 

f:id:spipet:20200129231518j:image

 

飼い主さんのOさんは、アニマルコミュニケーション通信講座を受講中。

「るなちゃん」が旅立つ前日は、ちょうどオンラインレッスンでしたので、

みんなで彼女の気持ちを聞きました。

 

危篤状態と知って、心配でたまらない様子の生徒さん達。

みんな、涙が止まりませんでした。

 

アニマルコミュニケーションを学ぶ皆さんが出来ること。

それは、今、彼女が何を感じ、何を伝えたいか。

アニマルコミュニケーションで気持ちを聞いてあげることです。」

と、生徒さんにお話ししました。

 

すると、

「動物の気持ちを知りたい。

そう思って学び始めたアニマルコミュニケーション。

こんな時だからこそ、るなちゃんも伝えたいことたくさんあるはず。

せっかく学んでいるアニマルコミュニケーションをこんな時に使わないでどうする。

彼女のため、Oさんのために気持ちをお伝えしたい。

そう決意し、アニマルコミュニケーションを行った生徒さん達。

 

聞いてももらったのは、

・身体の状態

・楽しかったこと

・食べたいもの

・要望

・飼い主さんに伝えたいこと

・どんな最期を迎えたい?

などなど。

 

アニマルコミュニケーションをする際に、飼い主さんの気持ちを考えると、悲しくなったり、辛くなったりして、大切なメッセージを受け取りにくくなります。

しかし、生徒さん達は、自分の感情をクリアにし、るなちゃんだけにフォーカスすることで、受け取ったメッセージをすべて迷うことなく言葉にすることができました。

 

レッスン後、Oさんに「るなちゃん」からのメッセージをお伝えしました。

それから数時間後、Oさんの腕の中で安らかに息を引き取ったそうです。

 

「るなは、とても元気で活発な子でした。

るなが楽しかった思い出をたくさん話してくれたのは、元気だった時の姿を思い出して欲しかったのだと思います。

るなの気持ちをたくさん聞けたおかげで、今は、達成感と安堵感でいっぱいです。

最期に、るなの願いを叶えてあげらえた気がします。聞けて良かったです。

まだまだ悲しみはありますが、るなのために頑張っていきたいって思っています。」

と、気丈に話してくれたOさん。

 

「るなちゃん」

最期まで本当に立派だったね。

あなたの想いは、しっかりとママに伝わっているよ。

 

生徒さん達にとっても貴重な経験となりました。

ありがとう。

 

アニマルコミュニケーターとして活動していく中で、動物から死について、たくさんの学びを得ておりますが、「死」と向き合う動物とのアニマルコミュニケーションがどんなに有効か。

それが、とても重要なことだと分かっているからこそ、プレッシャーがかかるものです。

 

しかし、飼い主さんと動物たちがアニマルコミュニケーターの私たちに託してくれた、とってもとっても大切な時間。

その時間を無駄にすることなく、これからも動物たちからテレパシーで受け取ったメッセージをクリアに的確にお伝えしていくのがアニマルコミュニケーターです。

 

シニアの子、看病中、介護中など、心配や不安は尽きません。

「やれることは、どんなことでもしてあげたい!」

そんな気持ちを解消するため、アニマルコミュニケーションがお役に立てるでしょう。

 

 

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村

●斎藤 詩乃歩の自己紹介

●レイキヒーリングとは?

●アニマルコミュニケーションとは?

●アニマルコミュニケーション・オンライン通信講座

●ご依頼・セッションお申込みはこちら

●お問合せはこちら



@LINEでも対応しています。イベントやお知らせなどの情報も配信しています。ぜひご登録ください(^^)
友だち追加